【GPT-4の使いこなし方①】AIで仕事を作る人、AIに仕事を奪われる人!使いこなせば未来を掴める

中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY
4 Apr 202319:38

TLDRこのタイトルは「【GPT-4の使いこなし方①】AIで仕事を作る人、AIに仕事を奪われる人!使いこなせば未来を掴める」という現代社会におけるAIの活用法について解説しています。GPT-4は、司法試験の成績で上位10%にランクインし、より賢くなっていると紹介されています。また、AIが生成する文章の量が10倍以上増加し、安全で有害な情報の提供を避ける能力も向上しています。しかし、AIの進化は、カスタマーサポートやライター、翻訳者などの仕事を脅かす可能性があると指摘されています。一方で、AIを使いこなせるかどうかで、未来を掴むかどうかが決まると強調されています。AIを使いこなすことで、優秀な秘書のような存在を得られる可能性があると述べ、AIの使い方を学ぶことが現代社会で必要不可欠なスキルになるだろうと結論づけています。

Takeaways

  • 🚀 GPT-4の登場により、AIの能力が大幅に向上し、司法試験の成績で比べて3.5が下位10%、4は上位10%にランクしました。
  • 📈 GPT-4は文章生成能力が10倍以上向上し、1回の入力で2万5000ワードの文章を生成できるようになりました。
  • 🔍 GPT-4はより安全に使え、危険な情報や有害な情報の提供をカットできるようになりました。
  • 📷 GPT-4は画像をサポートし、画像から指示を受け取って分析や判断を提供できる機能を備えています。
  • 🚫 GPT-4は2021年9月までの情報しか持っておらず、最新情報を検索することができないという制限があります。
  • 💰 GPT-4の利用には月額2500円程度のコストがかかるサブスクリプション제가設けられています。
  • 🛠️ GPT-4は検索kills(検索を殺す)と呼ばれるほどの情報を集約・要約する能力で、Googleなどの検索サービスに脅かす存在となり得ます。
  • 🤖 カスタマーサポート系の仕事をAIが置き換える可能性があり、AIは症状に応じた基本的なアドバイスも提供できるかもしれません。
  • ✍️ ライターや翻訳者などの仕事がAIによって影響を受ける可能性があり、プログラミングもAIによって支援されるかもしれません。
  • 🌐 GPT-4は検索結果を分析し、ユーザーに必要な情報を提供する能力を持ち、検索エンジンの役割を果たすことができるとされています。
  • 🔑 GPT-4を上手く使用することは、未来のビジネスや仕事において競争優位を獲得する可能性がありますが、使いこなせない人はAIに置き換えられるリスクがあります。

Q & A

  • GPT-4が司法試験でどのような成績を収めたとされていますか?

    -GPT-4は司法試験で上位10パーセントの成績を収めたとされています。

  • チャットGPTのバージョンアップによって、文章生成の制限は何ワードから何ワードに増えましたか?

    -チャットGPTのバージョンアップによって、文章生成の制限は1500ワードから2万5000ワードに増えました。

  • チャットGPTがより安全に使えようになった理由は何ですか?

    -チャットGPTは、危険な情報や有害な情報の提供をカットできるようになり、より安全に使えるようになったとされています。

  • GPT-4の登場によって、どのような職業が影響を受ける可能性がありますか?

    -GPT-4の登場によって、カスタマーサポート、ライター、翻訳者、プログラマーなどの職業が影響を受ける可能性があります。

  • チャットGPTの能力を最大限に活用するためには、何が最も重要ですか?

    -チャットGPTの能力を最大限に活用するためには、正確で具体的な指示を出す方法が最も重要です。

  • チャットGPTの利用料金はいくらですか?

    -チャットGPTの利用料金は月額20ドル、つまり約2400円から2500円程度です。

  • GPT-3.5とGPT-4の間にはどのような主要な違いがありますか?

    -GPT-3.5は司法試験で全体の下10%の成績を、GPT-4は上位10%の成績を収めることが主な違いです。また、GPT-4はより多くの文章を生成できるようになり、安全性も向上しました。

  • チャットGPTが提供するサービスをどのように活用すれば、仕事の効率を向上させることができますか?

    -チャットGPTは質問に答えること、情報をまとめること、翻訳、プログラミングの助言などを行うことができます。これらを活用することで、仕事の効率を向上させることができます。

  • AIの進化によって生じる可能性のある社会的な問題とは何ですか?

    -AIの進化によって生じる可能性のある社会的な問題には、貧富の差が広がることや、特定の職業が消滅する恐れがあります。また、AIを使いこなせる人と使われない人との間に格差が生じる可能性もあります。

  • チャットGPTのバージョンアップが発表されてからどのくらいの時間が経過していますか?

    -チャットGPTのバージョンアップが発表されてから2年が経過しているとされています。

  • チャットGPTが画像を理解し、指示に応じて文章を生成できるようになったのはいつからですか?

    -チャットGPTが画像を理解し、指示に応じて文章を生成できるようになったのはGPT-4の登場後です。

  • AIの進化によって得られる可能性と、それに伴うリスクとは何ですか?

    -AIの進化によって、仕事の効率化や新しいビジネスモデルの創出が可能になる可能性がありますが、一方で特定の職業が不要になるリスクや、AIを上手に使いこなせない人間に不利になる可能性も伴います。

Outlines

00:00

🚀 Extreme Usage of Modern AI: GPT4's Impact

The first paragraph introduces the concept of leveraging AI, specifically GPT4, to stand out in contemporary society. It discusses the importance of mastering AI tools to secure a future in a competitive landscape. The speaker humorously admits to not fully understanding the use of GPT, despite multiple attempts, and highlights the recent upgrade to GPT4. The comparison of GPT3.5's performance in a judicial examination to GPT4's significantly better performance is used to illustrate the advancements in AI capabilities. The paragraph also touches on the support from Microsoft and the competition with Google, suggesting a shift in the AI landscape.

05:02

📉 Google's Response to AI Advancements

The second paragraph delves into Google's reaction to the advancements in AI, particularly in response to Microsoft's investment in OpenAI, which developed GPT. It mentions the potential impact on Google's market share and the development of Bard, an AI to counter Chat GPT. The discussion includes the performance of Bard and its comparison to GPT, leading to speculation about its capabilities and the subsequent effect on Google's stock price. The paragraph also explores the significance of AI's ability to generate large volumes of text and the implications for various industries, including the potential for creating entire books through AI.

10:02

💰 The Cost of AI Subscription and Socioeconomic Divide

The third paragraph addresses the economic aspect of AI subscriptions, with a focus on the potential cost of using advanced AI like GPT4. It raises concerns about the widening socioeconomic gap due to the cost of AI services, with the example of a $20 monthly subscription (approximately 2500 yen). The speaker suggests that the ability to pay for AI services could lead to a division between those who can harness AI's potential and those who cannot. The paragraph also contemplates the broader impact of AI on job markets, including customer support, writing, translation, and programming, and the potential for AI to replace human roles in these sectors.

15:05

🌐 The Global Rush to Master AI and the Importance of Input Quality

The fourth paragraph emphasizes the rapid global adoption of AI and the rush to become proficient in its use. It highlights the potential advantages of early AI adoption and the risks of falling behind. The speaker discusses the concept of 'Garbage In, Garbage Out' (GIIGO), suggesting that the effectiveness of AI is heavily dependent on the quality of the input provided to it. The paragraph also speculates on the transformative role AI could play when used effectively, like having a super secretary that combines the roles of customer support, writer, and translator. It concludes by encouraging the audience to explore and learn how to use AI effectively, suggesting that the ability to instruct AI will be a crucial skill in the modern world.

Mindmap

Keywords

💡GPT-4

GPT-4は、自然言語処理を行なう人工知能モデルのひとつで、より高度な文章生成や理解能力を持っています。このビデオでは、GPT-4が持つ潜在的な能力と、それがビジネスや社会に与える可能性について語られています。

💡チャットGPT

チャットGPTは、GPTのひとつの形態で、対話形式で文章を生成することができます。ビデオでは、チャットGPTが進化し、より高度な機能を提供するGPT-4について説明しています。

💡AIの使い方

ビデオでは、AIを効果的に活用することで、仕事やビジネスに大きな差別化をもたらすことが強調されています。また、AIが人々の仕事を奪う可能性があるという懸念も触れられています。

💡司法試験

ビデオでは、GPT-3.5とGPT-4が司法試験に挑戦し、その成績を比較することで、GPT-4の能力を示しています。GPT-3.5は全体の受験者の下10%だったのに対し、GPT-4は上位10%に入るほど能力が向上しているとされています。

💡文章生成

AIの重要な機能の一つである文章生成について語られており、GPT-4はより多くの文章を生成できるようになりました。これは、ビジネスレポートや物語作りなど、幅広い場面で活用される可能性があります。

💡安全なAI

ビデオでは、GPT-4がより安全に使えるようになったと説明しています。具体的には、危険な情報や有害な情報の提供を避けることができるようになったとされています。

💡画像認識

GPT-4は画像を認識し、指示に従って文章を生成することができると触れられています。これは、AIが視覚的な情報とも連携し、より複雑なタスクに対応できることを意味しています。

💡サブスクリプションモデル

チャットGPT+というサービスが月額料金制で提供されていることが語られており、その料金がAIを利用するかどうかの決定要因になる可能性があると指摘されています。

💡貧富の差

AIの利用によって生じる貧富の差が問題視されています。ビデオでは、AIを利用できる人々と利用できない人々との間に格差が生まれる可能性があると述べています。

💡カスタマーサポート

AIがカスタマーサポートのタスクを自動化し、人間の仕事を奪う可能性があると語られています。チャットGPTのようなAIは、顧客の質問に答え、問題を解決する助言を提供することができるとされています。

💡翻訳者

翻訳タスクについても、GPT-4が長文や複雑な文章を翻訳できる能力を持っていると触れられており、これはプロの翻訳者の仕事に影響を及ぼす可能性があると説明されています。

Highlights

AIの使いこなし方で未来を掴むことができるとされています。

現代社会で人々はスマホやパソコンを使いこなしているが、それ以上差別化が難しい状況にあるとされています。

GPT4の登場でAIの使いこなし方が変わり、それが人々の未来に大きな影響を与えるとされています。

GPT4は司法試験の上位10パーセントの成績を収めたとされています。

GPT4はより賢くなり、文章を生成する能力が10倍以上向上しているとされています。

GPT4は安全で、危険な情報や有害な情報の提供をカットできるようになったとされています。

GPT4は画像を理解し、指示に従って分析できるようになったとされています。

GPT4は月額2500円でサブスク制で提供されており、専門的な人々に利用され始めているとされています。

AIの使い方によって、人々は仕事を作ったり奪われたりする可能性があるとされています。

GPT4はカスタマーサポート、ライター、翻訳者などの仕事を置き換える可能性があるとされています。

AIの使いこなし方にはガベージインガベージアウトの原則があり、使いこなす方法が重要だと言われています。

GPT4は使いこなせるようになると、圧倒的なアドバンテージを得られるとされています。

GPT4は入力方法が重要で、それが現代の必須能力になる可能性があるとされています。

GPT4はプロの編集者のように文章をまとめることができるとされています。

GPT4は検索エンジンに脅かかすほどの情報を提供できるとされています。

GPT4はプログラミングの助けにもなることができるとされています。

AIの使いこなし方で人々の生活が大きく変わる可能性があるとされています。