Midjourneyの「—cref」で同じ人物やキャラクターを固定して生成する方法を解説!細かいテクニックも紹介

ITスキルとAIでライフハック【ルーティンラボ】
13 Mar 202417:54

TLDRこのビデオでは、Midjourneyの新しい「—cref」コマンドを使って同じキャラクターを簡単に生成する方法が紹介されています。以前は難しいという同一人物の生成が、今では1回の操作で簡単にできるようになりました。海外のAIインフルエンサーの生成にも役立つこの技術は、ビジネスやコンテンツ制作において幅広く活用が可能とのこと。スタイルや表情を変えながら、キャラクターの生成例や、キャラクターウェイトの調整方法も紹介されています。

Takeaways

  • 😀 Midjourneyは「—cref」という新しいコマンドで、同じ人物やキャラクターを簡単に生成できるようになりました。
  • 🎨 以前は難しいと思われていたキャラクターの固定生成が、一つのコマンドで簡単に行うことができます。
  • 🌐 海外のAIインフルエンサーもこのコマンドを使って簡単にコンテンツを作成できると示唆されています。
  • 📸 キャラクターの顔やスタイルを固定するために、画像のURLを指定して「—cref」を入力します。
  • 🔄 キャラクターウェイト(CW)のパラメーターを調整することで、顔や髪型などの要素をどれだけ元の画像に忠実に生成するかを制御できます。
  • 🖼️ スタイルレフ(S-ref)を使用することで、元の画像のスタイルを維持したキャラクターの生成が可能になります。
  • 📈 スライドの値(stlye slide)を調整することで、生成される画像のスタイルの強さを変更できます。
  • 🛠️ Midjourneyのバージョン6が必要で、以前のバージョンではエラーが発生する可能性があります。
  • 🏞️ さまざまな場面や服装でキャラクターを生成することができるデモンストレーションが提供されています。
  • 📝 生成プロセスは、プロンプトの入力、画像のアップロード、そしてパラメーターの調整によって行われます。
  • 📈 スライドの値を1000に設定するとよりリアルなスタイルの画像が生成され、0に設定すると忠実なスタイルが生成されますが、品質が下がる可能性がある。

Q & A

  • 「—cref」コマンドはどのようにして同じ人物やキャラクターを生成するのですか?

    -「—cref」コマンドを使用すると、アップロードした画像のURLを参照にして、同じ顔やキャラクターを生成することができます。このコマンドは、以前は難しかった同一人物の生成を簡単に行うことができるようになりました。

  • AIインフルエンサーを作成するにはどうすればいいですか?

    -AIインフルエンサーを作成するためには、今回紹介された「—cref」コマンドを使って、キャラクターの顔やスタイルを指定して画像を生成します。海外ではこの技術を使ってAIインフルエンサーを作っている例が多く、ビジネスやコンテンツ制作に活用されています。

  • キャラクターウェイト(CW)の値を変更することで何が変わりますか?

    -キャラクターウェイト(CW)の値を変更することで、生成される画像のキャラクターの顔や服装、髪型などがどれだけ元の画像を参照するかが変わります。値を0に設定すると、顔や髪型などが参照されず、より独自のスタイルで画像が生成されます。

  • スタイルレフ(S-ref)コマンドはどのような効果がありますか?

    -スタイルレフ(S-ref)コマンドは、元の画像のスタイルを忠実に再現するように画像を生成するのに使われます。例えば、手書きのイラスト風やステッカー感を維持したままキャラクターを生成することができます。

  • 画像生成時に「スタライ」の値を調整することには何の意味がありますか?

    -「スタライ」の値を調整することで、生成される画像のスタイルの強さや細かさを制御することができます。値を上げるとよりリアルなスタイルの画像が生成され、低い値では忠実な再現が求められますが、品質の低い画像も生成される可能性があります。

  • どのようにして自分自身のキャラクターを生成する部屋を作成しますか?

    -自身のキャラクターを生成するための部屋は、ボットを招待してDiscordのスペースを作成することで作れます。作成したら、様々なパラメーターやコマンドを使って画像の生成を試みることができます。

  • 「—cref」コマンドを使って生成された画像はどのように使えますか?

    -「—cref」コマンドで生成された画像は、ビジネスやコンテンツ制作、SNSでの自己表現など、さまざまな場面で活用できます。例えば、LINEのスタンプやキャラクターグッズのデザインに使うことができます。

  • 画像生成に失敗した時はどのように対処しますか?

    -画像生成に失敗した時は、パラメーターの調整やプロンプトの変更、元の画像の選択などを試してみることが重要です。何度か試行錯誤を繰り返すことで、より良い結果を得ることができます。

  • Midjourneyのバージョン6で何が新しい機能として追加されましたか?

    -Midjourneyのバージョン6では、「—cref」のような新しいパラメーターが追加され、より高精度で同一人物やキャラクターの生成が可能になりました。また、キャラクターウェイトやスタイルレフなどのコマンドも新たに導入されています。

  • 生成されたキャラクターの表情やポーズを変更するにはどうすればいいですか?

    -生成されたキャラクターの表情やポーズを変更するには、プロンプトに具体的な行動や感情を表現するキーワードを追加することで、そのキャラクターの表情やポーズを操作することができます。

Outlines

00:00

🖼️ Introduction to New Character Ref Command

The video script introduces a new feature in the image generation software, 'Midjourney', which allows for easier creation of character images using a new command called 'Character Ref'. The narrator shares his excitement about the update, noting that it simplifies the process of generating consistent character images, which was previously challenging. The script mentions the potential for creating AI influencers and various business applications, inviting viewers to subscribe for more IT and Midjourney-related content.

05:01

🔗 Demonstrating the Character Ref Command

This paragraph demonstrates the process of using the 'Character Ref' command in Midjourney. The narrator guides viewers through copying a link from an image, inputting prompts, and utilizing the command to generate character images based on the reference image. It highlights the ease of generating images with different styles and settings, such as a woman in a forest holding a camera, and discusses the command's parameters, including 'CW' for character weight, which determines how much the reference image influences the generated image.

10:02

🎨 Exploring Style Ref and Its Impact on Image Generation

The script delves into another command, 'Style Ref', which allows for the reflection of the original image's style in the generated images. The narrator experiments with generating images of a cute black cat character in various patterns, adjusting parameters like 'CW' to 0 for a less influenced result. The 'Style Ref' command is showcased as particularly useful for creating LINE stamps and character illustrations, emphasizing the updated command's convenience and versatility in image generation.

15:04

📈 Adjusting Parameters for Enhanced Image Generation

The final paragraph focuses on the importance of adjusting parameters like 'Starlight' value, which ranges from 0 to 1000, to achieve different levels of realism in generated images. The narrator suggests that while higher values can produce more realistic images, lower values might result in lower quality or overly faithful recreations. The script concludes by encouraging viewers to experiment with the 'Character Ref' and 'Style Ref' commands to create consistent character images across various scenes and styles, and to subscribe for more AI and Midjourney updates.

Mindmap

Keywords

💡ミッドジャーニー

ミッドジャーニーは、画像生成AIの一種であり、入力されたテキストプロンプトに基づいて画像を生成する技術です。動画では、同一人物やキャラクターを生成する新しいコマンド「キャラクターレフ」が紹介されています。

💡キャラクターレフ

キャラクターレフは、ミッドジャーニーで同一人物やキャラクターを固定して生成するための新しいコマンドです。このコマンドを使うことで、アップロードされた画像の特定の要素を保持したまま新しい画像を生成することができます。

💡生成方法

生成方法とは、ミッドジャーニーを使ってどのように画像を生成するかのプロセスを指します。動画では、キャラクターレフやスタイルレフなどのパラメーターを使って効率的に同一人物の画像を生成する方法が詳しく説明されています。

💡AIインフルエンサー

AIインフルエンサーとは、人工知能を用いて作成されたインフルエンサーキャラクターのことです。動画では、キャラクターレフを使うことで、AIインフルエンサーを簡単に作成できる方法が紹介されています。

💡プロンプト

プロンプトとは、ミッドジャーニーに画像生成の指示を与えるためのテキスト入力のことです。動画では、「ジャパニーズウォーキング」などの具体的なプロンプトを入力して画像を生成する例が紹介されています。

💡URL

URLとは、ウェブ上のリソースの場所を示すアドレスです。動画では、アップロードした画像のURLをプロンプトに入力することで、その画像の要素を元に新しい画像を生成する方法が説明されています。

💡スタイルレフ

スタイルレフは、画像のスタイルやテイストを保持しながら新しい画像を生成するためのパラメーターです。動画では、元の画像のスタイルを忠実に再現する方法として紹介されています。

💡キャラクターウェイト

キャラクターウェイトは、生成される画像が元のキャラクターの要素をどれだけ保持するかを調整するパラメーターです。動画では、この値を変更することで服装や髪型などをどれだけ忠実に再現するかをコントロールする方法が説明されています。

💡生成エラー

生成エラーとは、画像生成中に発生するエラーのことです。動画では、ミッドジャーニーのバージョンによっては生成がうまくいかないことがあると説明されています。

💡リピートコマンド

リピートコマンドは、同じプロンプトで複数回画像を生成するためのコマンドです。動画では、このコマンドを使って複数のバリエーションの画像を一度に生成する方法が紹介されています。

Highlights

Midjourneyの「—cref」コマンドを使って同じ人物やキャラクターを固定して生成する方法が紹介された。

新コマンド「キャラクターレフ」を使うことで、以前は難しかった同一人物の生成が簡単になった。

AIインフルエンサーの作成にもこのコマンドが使え、ビジネスやコンテンツ制作に活用が可能。

キャラクターの生成がより簡単になり、海外で話題のAI技術と組み合わせる余地がある。

「キャラクターレフ」パラメーターの使い方と、その効果を解説。

アップロードした画像のURLを指定することで、同じ顔やキャラクターを生成できる。

CW(キャラクターウェイト)パラメーターを使って、顔や服装を参考にしながら生成を調整することができる。

スタイルレフを使って、元の画像のスタイルを忠実に再現しながらキャラクターを生成する方法が紹介された。

キャラクターウェイトの値を0に設定することで、服装などがガラッと変わる生成が可能に。

スタイルレフの有無が画像の生成結果に与える影響が比較され、その違いが解説されている。

異なるスタイルや場面でのキャラクター生成の例が提示され、その応用範囲が説明されている。

生成画像のベースとなる人物を確認し、そこからさまざまな場面の画像を生成する方法が提案されている。

パラメーターの調整で、生成画像のリアルさやクオリティを制御する方法が紹介されている。

キャラクターレフコマンドの使い方と、それを使わずの生成方法との違いが比較されている。

スタイルレフを用いたキャラクター生成が、LINEのスタンプやコンテンツ制作に有用であることが示されている。

生成画像の調整で、スタライの値を1000まで調整することでよりリアルな風の画像が生成される方法が紹介されている。

キャラクターレフやスタイルレフのコマンドが、イラストやアニメキャラクターの生成にも有効であることが解説されている。

ミッドジャーニーの画像生成精度が高く、新しいパラメーターで生成がより簡単になることが強調されている。